#あつ森で飾ろう

NEW 第2弾 ふくしまのはにわ ~原山1号墳

#あつ森で飾ろう第2弾は、福島県泉崎村にある原山1号墳から出土したはにわたち。それぞれとってもユニークな姿をしています。あつ森の世界にはにわを並べて考古学気分を満喫してみてはいかがでしょうか?

 

第2弾 ふくしまのはにわ ~原山1号墳

 

 原山1号墳は、古くからはにわを採集できる古墳として知られていました。1981年に行われた発掘調査の結果、東半分がすでに壊されていたものの、全長22m以上の前方後円墳であることが明らかになりました。古墳の周りに掘られた溝(周溝)からは、倒れ落ちた状態でたくさんのはにわが発見されました。また、出土した土器から、この古墳が5世紀末頃に造られたこともわかりました。この古墳は、県南地方を治めた有力者の墓と考えられます。

 

 

1.盾を持つ人

 高:73.5cm
 いかめしい顔つきをして盾を持っている人物です。盾は護身の防具であり、盾を持つ人のはにわを古墳と外界の境界に立てることで、寄り来る者から古墳を守ると考えられていました。原山1号墳の後円部南端で発見されており、「相撲をとる人」と2体ずつ並んでいたと推定されています。盾を持つガードマンと力士がタッグを組んで古墳を守っていたのですね。

QRコードの拡大はこちら

 

 

2.円筒埴輪

 高: 約60cm
 弥生時代に使われていた器台(器を載せる台)や壷から発展した円筒埴輪。丸い透かし穴が開いているのは器台の文様の名残と考えられます。円筒埴輪は、はにわの中では最も古いタイプのもので、3世紀後半から近畿地方の古墳に立てられるようになりました。墳丘に列にして並べられ、ここが古墳ですよーと聖域である古墳を区別する柵の役割がありました。原山1号墳からは30点以上の円筒埴輪が出土しています。

 QRコードの拡大はこちら

 

3.朝顔形埴輪

 高: 60.6cm
 円筒埴輪の一種です。4世紀頃の古墳から口縁部が朝顔のようにラッパ状に開いた朝顔形埴輪が出現するようになりました。とはいえ朝顔を表しているものではありませんよ。死者へ捧げる食べものを入れる壺の形をした壺形埴輪と円筒埴輪とが合体したようなデザインです。壺+柵という一つで二役をこなすはにわですね。

QRコードの拡大はこちら

 

4.琴を弾く人

 高:47.3cm
 座って琴を演奏する人物。水玉模様のまるい帽子がとってもおしゃれです。着衣の表現は省略されていますが、首、胸、背中などに赤色を施した痕跡が残っています。手は、指が一本一本別々に作られており、左手が琴の弦をおさえ、右手は弦をつまびく様子を表現しています。一体どんな曲を弾いていたのでしょうか?

QRコードの拡大はこちら

 

5.踊る男子

 高:59.2cm
 右手をあげて踊っているようなしぐさをしている男子の上半身像です。頭には台形型の冠。さらに鉢巻を結んで冠を固定しているのが粋ですね。他のはにわにも見られる左右に垂れ下がったこの髪型は「みずら」という当時の青年男性の髪の結い方です。実はこの人、近年の研究では、踊っているのではなく、馬を引いている人であるということがわかってきました。馬の前に立って、手綱を引いている様子を表現しているのです。

QRコードの拡大はこちら

 

6.盛装の女子

 復元高:24.5cm
 台に乗った女子の上半身像。ゴージャスな首飾りと、肩まで垂れ下がった耳飾りが目を引きます。頭に板を載せるのが当時の流行?…というわけではありませんよ、巫女と考えられるこの女性は、髪をアップにした特別なヘアスタイルをしているのです。折れてしまっていますが左手を前にのばし、右手を下げて何か持っているしぐさをしています。何を持っていたのでしょうね。

QRコードの拡大はこちら

 

7.冠をかぶった男子

 高:58.5cm
 二又に開いた珍しい冠をかぶるこの人物。冠には格子状の文様が表現されています。髪型はおなじみのみずら、と思ったら実は後ろでも髪を束ねています(常設展示室でぜひ後ろ側も見てみてくださいね)。右手は下にのばし、左手は前方にのばして楽器と思われるものをかつぐ状態を示しています。この男子像とそっくりのはにわが、原山1号墳から180kmも離れた東京都狛江市の亀塚古墳から出土していて、同じ工人集団によって製作されたと考えられています。

QRコードの拡大はこちら

 

8.鳥形はにわ

 高: 約30cm
 鳥のかたちをしたはにわは、動物のはにわの中でもいち早く制作されました。この鳥形はにわはところどころ欠けてしまっていることもあってどの鳥を表しているのか悩ましいところですが、頭の上の失われた部分はトサカ、尾の付け根には鶏のオスの尾羽の装飾的な表現の痕がみられることから、他の鳥の表現もちょっと混ざったニワトリ型はにわと考えられます。

QRコードの拡大はこちら

 

おまけ.平澤さん

 当館の考古分野の学芸員です。2020年10月10日(土)~11月15日(日)開催の企画展「発掘された日本列島2020」の中の「地域展 ふくしま古墳発掘フロンティア」を担当しました。はにわを中心に、ふくしまの古墳時代について研究しています。企画展の解説会や考古学講座でも活躍中です。ご来館&イベントへのご参加お待ちしております!

QRコードの拡大はこちら

 

【使い方】

(1)スマートフォン等に「Nintendo Switch Online」アプリをダウンロードし、「タヌポータル」を開き、QRコードを読み取ります。
 ※「タヌポータル」のご利用には、Nintendo Switch Onlineへのご加入が必要です。

(2)ゲーム内のマイデザインの画面で、保存した作品をダウンロードし、作品をお楽しみください。

 

 

★関連展示

1.常設展示「古代」

 

当館の常設展示室「古代」で、今回の#あつ森で飾ろう第2弾でご紹介した原山1号墳のはにわの実物を見ることができます。背中のほうまでじっくりご覧になってください。

会場:福島県立博物館 常設展示室
観覧料:一般・大学生 280円(20名以上の団体:220円)、高校生以下無料
※企画展観覧券で常設展もご覧いただけます(会期中有効)

 

 

2.企画展「発掘された日本列島2020」

 

当館では17年ぶりの開催となる本展。最新の遺跡発掘調査成果や日本列島各地の考古資料・記念物、また当館オリジナルの地域展「ふくしま古墳発掘フロンティア」など、考古ファン必見の内容となっています。県外の珍しいはにわも来ていますよ。ぜひご覧ください。

※詳細はこちらをご覧ください。

会期:2020年10月10日(土)~11月15日(日)
会場:福島県立博物館 企画展示室
観覧料:一般・大学生 700円(20名以上の団体:560円)、高校生以下無料

第1弾 ふくしまの郷土玩具

 

 Nintendo Switch「あつまれ どうぶつの森」に飾ることができる素材をご用意しました。

 あつ森の世界でも、福島県立博物館の収蔵資料をお楽しみください!

 

 

第1弾 ふくしまの郷土玩具

 福島県内には古くから親しまれてきた郷土玩具が数多くあります。カラフルで表情豊かな郷土玩具には、子どもの成長や健康への祈りが込められています。疫病退散もかねて、あつ森に飾ってみてはいかがでしょうか。

 

1.赤べこ

 赤い牛の張子人形である赤べこは、福島県会津地方の郷土玩具です。江戸時代から「首ふりべこ」などと呼ばれ親しまれました。子どもの魔除けとして用いられ、病気や災難から逃れられるという言い伝えがあります。また、赤い色は疱瘡(天然痘)などの疫病除けに御利益があると信じられていました。ゆらゆら揺れる首とつぶらな瞳がチャームポイント。米俵や千両箱などを背負っているべこもいますよ。

 QRコードの拡大はこちら

 

2.起き上がり小法師

 福島県会津地方に伝わる起き上がり小法師。転んでもすぐに起き上がることから縁起物として親しまれてきました。会津若松市で毎年1月10日に開かれる初市「十日市」では、家族や財産が増えることを願い、家族の人数より1個多く買う習わしがあります。一年間神棚などに飾って家を守ってもらい、小正月の行事「歳の神」でお焚き上げします。

  QRコードの拡大はこちら

 

3.三春駒

 三春駒は、福島県三春町一円(旧三春藩領)で作られる木製の馬の玩具で、坂上田村麻呂にちなんだ古い伝説も残されています。三春駒で遊ぶ子どもは健やかに成長し、子どものない人は一日三粒の大豆を三春駒にあげると子宝を得るといわれています。すべて直線で構成された姿と、黒地に原色を用いた文様の色使いは現代アートに通じるような美しさを感じさせます。

  QRコードの拡大はこちら

 

4.三春張子 狐面

 旧三春藩領では江戸時代から玩具製作が盛んで、様々な種類の張子人形や面、だるまなどが作られました。木型に紙を何枚も張り重ねて成形し、色彩は明るく鮮やかなのが三春張子の特徴です。ひょっとこやおかめ、天狗などと並び、狐はお面の題材としてポピュラーなキャラクターですが、この狐面はいわゆる「狐目」ではなくぱっちりとした瞳をしています。他の狐面と比べてみても面白いですね。

  QRコードの拡大はこちら

 

5.白河だるま

 白河だるまの意匠は、白河藩主・松平定信に仕えていた画家・谷文晁が描いた鶴亀の図に由来すると言われています(眉が鶴、髭が亀など)。毎年2月11日に開催される「白河だるま市」では、白河市内の目抜き通りを中心に約700軒もの露店が立ち並びます。本来白河だるまは目を入れずに売られているのですが、このだるまは両目とも入れられています。きっと誰かの願いを叶えてから博物館にやってきたのですね。

   QRコードの拡大はこちら

 

6.富岡だるま

 白河や三春をはじめ、福島、会津、いわきの久之浜・平など、福島県内の各地ではそれぞれ個性的なだるまが作られました。双葉郡富岡町の富岡だるまもそのひとつ。木型を使い、ふすま紙や習字の反故紙などを材料にしました。だるま作りの最盛期になると農家の庭一面が張子の干し場になったといいます。顔の周囲は鮮やかな青で縁取られています。大きな「福」を呼んでくれそうなだるまです。

  QRコードの拡大はこちら

 

7.富岡張子 ひょっとこ面

 だるまに引き続き、富岡張子のお面です。お神楽などで滑稽な道化役として登場するひょっとこですが、このお面もなかなかユニークな顔をしています。左右で目の大きさが違うひょっとこはしばしば見られるものの、このひょっとこは左右の目の色まで違います。ドット絵だとあまり見えないかもしれませんが、鼻毛がちょびっと出ているのもポイントです。

  QRコードの拡大はこちら

 

8.根子町人形 恵比寿

 根子町(ねっこまち)人形とは、かつて奥州街道の宿場町だった福島市清水町で、江戸時代後期から大正初期頃まで作られていた土人形です。宮城県の堤人形の流れを汲んでおり、素焼の上に和紙を張って描彩を施すという独特の技術も用いられています。雛や天神、唐子のほか、恵比寿や大黒などの縁起物、歌舞伎物や浮世絵風の世俗物など個性的な人形が作られました。

  QRコードの拡大はこちら

 

9.土湯こけし

 福島が誇るこけし界のスター、福島市土湯温泉発祥の土湯こけしです。こけしは江戸時代後期頃から東北の温泉地の土産物として売られるようになったロクロ挽きの木製玩具です。土湯系こけしの特徴として、頭が比較的小さく胴は細めの円柱形で線を主体とした文様、頭上に蛇の目の輪を描き、前髪の両脇には「かせ」と呼ばれる可愛らしい髪飾りが付きます。

  QRコードの拡大はこちら

 

10.久之浜張子 虎

 美しい海岸線を持ついわき市久之浜でも、江戸時代から張子人形や面、だるまなどが作られてきました。昭和51年に途絶えてしまいましたが、かつては県内各地の神社や駅など様々な場所で売られていたそうです。赤べこと同じように首がゆらゆら揺れる虎。白い髭も立派ですが、猫でいうマンチカンのような短い足と、なんとなくゆる〜い表情をしているところが愛らしいですね。

  QRコードの拡大はこちら

 

おまけ.福島県立博物館シンボルマーク

 当館が開館して30周年にあたる2016年に、シンボルマークを公募しました。応募総数1,043点の中から、大賞を受賞した上平瑠菜さんの作品を原案として、福島大学の渡邊晃一先生と学生の皆さんにご協力いただき作成しました。可愛らしいフタバスズキリュウが、未来を感じさせる福島の卵を抱いています。

  QRコードの拡大はこちら

 

【使い方】

(1)スマートフォン等に「Nintendo Switch Online」アプリをダウンロードし、「タヌポータル」を開き、QRコードを読み取ります。
 ※「タヌポータル」のご利用には、Nintendo Switch Onlineへのご加入が必要です。

(2)ゲーム内のマイデザインの画面で、保存した作品をダウンロードし、作品をお楽しみください。

 

 

★関連展示【行こう!ふくしまの博物館 第4回 三春郷土人形館所蔵 郷土玩具展】

 会期:2020年6月9日(火)~8月2日(日) 会場:当館エントランスホール 観覧料:無料 ※会期終了しました

 福島県立博物館では県内の多様な施設を紹介するミニ展示を行っています。第4回は三春町の三春郷土人形館。疫病や災厄を追い払い、子どもの健やかな成長を祈る郷土玩具の数々を紹介しています。