広報紙「なじょな」

1986(昭和61)年から発行してきました「季刊 博物館だより」が装いを新たに「なじょな」として生まれ変わりました。

「なじょな」とは、「どんな」を意味する方言です。

展覧会の魅力やイベント紹介はもちろん、最新ニュースやおすすめ情報・スタッフ紹介など、博物館をより身近に感じ、「次はどんな?」と楽しみにしていただける、そんな紙面を目指します。

ご覧頂いた感想など、ぜひ「なじょな」ご意見もお寄せください!

*「なじょな」は2ヶ月もしくは3ヶ月に1回発行します。当館、および各施設で無料で配布しています。


バックナンバーをクリックするとPDFのダウンロードが始まります。

*新型コロナウイルスの感染拡大状況によって、今後の予定が変更になる場合があります。最新情報は当館webサイトをご覧いただくか、直接お問い合わせください。

なじょな 第7号
(2021年7・8月号)

夏の企画展「あはひのクニ あやかしのクニ」関連情報/テーマ展「美しき刃たち~いわき編」関連情報/常設展部門展示室 考古「会津大塚山古墳」リフレッシュオープン/けんぱく・中の人(学芸員編:吉田純輝さん)/ポイント展+(くずし字に挑戦!)/きっずなじょな(「あはひのクニ あやかしのクニ」へようこそ の巻)/けんぱくイベント他

なじょな 第6号
(2021年4~6月号)

春の企画展「会津の絵画~福島県立博物館収蔵品を中心に~」関連情報/過去の展示図録紹介(絵画系展覧会図録紹介)/ポイント展+(東北初発見!オオミツバマツ)/けんぱく・中の人(学芸員編:山本俊さん)/きっずなじょな(「体験学習室のススメ」の巻)/けんぱくイベント他
なじょな 2021特別号

福島県立博物館をより楽しむためのコツをご紹介する特別号。館内外の詳しい平面図、状況に応じたご利用方法、多様な広報媒体のご案内などを載せています。

なじょな 第5号
(2021年2・3月号)

冬の企画展「震災遺産を考えるー次の10年へつなぐためにー」関連情報/テーマ展「山川浩と健次郎」関連情報/テーマ展「会津の修験ー西会津旧福寿院の宗教世界ー」関連情報/なじょなニュース!(これを聴けば事情通!?FM喜多方「けんぱく徒然語り」)/きっずなじょな(「獅子舞のナゾ 獅子先生登場」の巻)/けんぱくイベント他

なじょな 第4号
(2020年12・1月号)

冬の企画展「震災遺産を考えるー次の10年へつなぐためにー」関連情報/テーマ展「ふくしまの焼きもの1ー大堀相馬焼ー」関連情報/収蔵庫なじょな(シュードキダリス)/美術で感じる季節(柳下放牛図)/きっずなじょな(「カゴやザルの網目っておもしろい!?」の巻)/けんぱくイベント他

なじょな 第3号
(2020年10・11月号)
秋の企画展「発掘された日本列島2020」関連情報/テーマ展「祈りのふくしま4」関連情報/今だから再注目!過去の展示図録(「発掘ふくしま」3・4)/けんぱく・中の人(学芸員編:大里正樹さん)/けんぱく日記(高校生とコラボ!ミニ屏風展示)/きっずなじょな(「おっきな古墳を探検してみよう」の巻)/けんぱくイベント他
なじょな 第2号
(2020年8・9月号)
夏の企画展「会津のSAMURAI文化-蒲生氏郷と藩士たちの文武-」関連情報/テーマ展「美しき刃たち-会津編」関連情報/けんぱく・中の人(鈴木館長)/おうちでも博物館!(Webで楽しめるコンテンツ続々公開中)/ポイント展+(会津藩老田中土佐の短刀)/収蔵庫なじょな(鏡破絵巻)/きっずなじょな(「江戸時代の町並みを探検してこよう」の巻)/けんぱくイベント他

なじょな 第1号
(2020年イベント号)

 2020年度の開催イベント紹介
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止が決定したイベント情報も掲載されております。

 

 

▲このページの上部へ戻る▲