災害分野講座

楽しいそなえ 

講師 当館学芸員
日時 9月1日(水)13:30~14:30
参加費 無料

震災遺産講座 「世界津波の日」に 山口弥一郎『津浪と村』を読み直す  リーフレットはこちら(PDF)

講師 内山大介(当館学芸員)
日時 11月5日(金)13:30~14:30
会場 講堂
定員 会場100名(先着順)、オンライン100名
申込方法

会場:不要、オンライン:要

本講座はZOOMによるオンラインライブ配信を行います。(後日の視聴はできません)
視聴ご希望の方は件名に「震災遺産講座視聴希望」、本文に氏名・メールアドレス・所属(任意)
をご記入の上、general-museum@fcs.ed.jp までメールでお申込み下さい。
後日、Zoom ID・パスコード等をご連絡します。【申込締切10月31日(日)】

参加費 無料
内容 福島県の会津に生まれ、明治29年と昭和8年の2度の津波の後に被災地の三陸を歩いた山口弥一郎。本講座では、東日本大震災の後に注目された著書『津浪と村』を改めて読み直しながら、その仕事の重要性と現代にまでつながる意義を考えます。