興福寺と会津 -徳一がつないだ西と東-

展覧会オフィシャルサイトはこちら  福島復興祈念展 興福寺と会津 -徳一がつないだ西と東-

展覧会パンフレットはこちら(PDF形式で開きます)

左:四天王立像 広目天 興福寺(東金堂所在) 国宝 C飛鳥園

右:四天王立像 増長天 勝常寺 重要文化財 撮影:藤森武


平安時代初期に奈良の興福寺より会津に訪れ、仏教文化を根付かせた僧・徳一。
本展では徳一がつないだ縁をもとに、興福寺の寺宝の数々と、会津の仏教美術をご紹介します。
度重なる災厄を乗り越えて守り伝えられ、人々の祈りが託されてきた仏教美術。
その信仰や魅力をわかりやすくお伝えします。


 開催概要

期 間  2019年7月6日(土)~8月18日(日)

会 場  福島県立博物館企画展示室・部門展示室 歴史・美術

観覧料  一般・大学生 1300円(20名以上の団体:1000円)、高校生800円(640円)、中学生以下無料

主 催  興福寺と会津展実行委員会(福島民友新聞社・福島中央テレビ・福島県立博物館)

特別協力 法相宗大本山 興福寺


関連行事 ※詳細はチラシpdfをご覧ください

公演(申込不要、無料)

声明の響き ~仏教伝統の調べ~
出演 新義真言聲明三宝会のみなさん
日時 2019年7月6日(土)14:00~15:00
場所 エントランスホール

奉る音 ーギター・編鐘と篠笛・箏が奏でる祈りのコンサートー
出演 小馬崎達也&パンゲア
 小馬崎達也(桐ギター、久乗編鐘)
 仲林利恵(篠笛、能管、筝、十三弦、十八弦)
日時 2019年7月27日(土)16:00~17:00 *開場15:30~
場所 エントランスホール

ワークショップ(申込不要、参加無料)

福島の孔雀石でほとけさまを描こう
講師 猪瀬弘瑛、塚本麻衣子(当館学芸員)
日時 2019年7月14日(日)13:30~15:30
会場 エントランスホール

館長講座 特別編(申込不要、参加無料)

風土の旅学-東北編 第4回「徳一」
特別講師 玄侑宗久 師(小説家/僧侶)
講師 赤坂憲雄(当館館長)
日時 2019年7月19日(金)13:30~15:00
会場 講堂

美術講座(申込不要、参加無料)

興福寺と会津展 みどころ案内
講師 塚本麻衣子(当館学芸員)
日時 2019年8月3日(土)13:30~15:00
会場 講堂

展示解説会(要企画展チケット、参加無料)

開催日

2019年7月6日(土)※★、13日(土)、20日(土)、27日(土)★、28日(日)★、
8月3日(土)※★、4日(日)※★、10日(土)、17日(土)★、18日(日)★

時間 ①10:00~11:00 ②13:30~14:30(※は①のみ)
講師 福島県立博物館学芸員(★の回には、興福寺僧侶のお話があります)
会場 企画展示室・部門展示室(歴史・美術)

夜の仏像鑑賞会(要企画展チケット、参加無料)

開催日 2019年7月6日(土)、13日(土)、20日(土)※、27日(土)、
8月3日(土)、10日(土)、17日(土)
時間 17:30~19:00(受付は17:00~18:30まで)
講師 福島県立博物館学芸員 ※20日は長岡龍作氏(東北大学教授)による特別解説
会場 企画展示室・部門展示室(歴史・美術)